優良業者を見つけよう|狭小住宅を建てるときの注意点とは

夫婦で暮らせる住まい

住宅

プランの選び方

共働きの夫婦2人の世帯が多い東京中心部では、コンパクトな敷地をフルに活かした、狭小住宅へのニーズが大きいです。世帯年収が1000万円を大きく上回る共働きの夫婦が中心であり、東京中心部の人気エリアで宅地を購入して、思い思いの住まいを実現するのがトレンドです。50平米前後の土地向けに、様々な狭小住宅のオリジナルプランを提案する工務店に相談するのが、快適に生活できる住まいを手に入れるコツです。完全な独自設計のプランは坪当たりの建築費用が割高になりますが、セミオーダーの狭小住宅を活用すると、総工費を抑えることができるでしょう。セミオーダーのプランを選ぶときには、玄関のドアやシステムキッチンにこだわって、住まいのグレードを高めるのが賢い方法です。住宅密集地が東京中心部に多い事情もあり、狭小住宅を新築する人たちの間では、耐火性と耐震性を更に高めた建築プランが評判です。外壁材にこだわったりオール電化のプランを選ぶのが、住まいの耐火性を高める秘訣であり、施工事例が豊富な業者の助言が役立つでしょう。また建築方式や間取りについて更に詳しく知りたいときに便利なのは、東京の工務店が実施している、狭小住宅の工事現場見学会です。基礎工事や構造部分の工事に加えて、完成直前の仕上げ作業を見学することで、建物の特徴について理解が深められるでしょう。ビルやマンションが多い東京中心部では、日当たりの確保が難しいですが、屋上をフルに利用すると太陽光パネルを設置することも可能です。