優良業者を見つけよう|狭小住宅を建てるときの注意点とは

つみき

夢を実現する事ができる

東京の限られた狭い土地でも、狭小住宅を建てる事を得意とする業者へ相談すれば、理想的な家づくりが可能です。狭くてもわずかな空間を最大限利用するので、外観よりも広く感じられる上に、機能性も優れているのが特徴です。

住宅を建てる際のポイント

お家

具体的な事例を見て回る

東京にはたくさんの狭小住宅がありますが、いずれも狭い土地を有効活用して、できるだけ住み心地のいい住宅になるように工夫がなされています。東京のハウスメーカーの多くは狭小住宅を手掛けたことがありますので、ハウスメーカーを選ぶ際には、実例をよく見てから決めることが重要になります。狭小住宅のように工夫が凝らされている物件は、実物を見てみないとイメージがわきません。実際に見てみると、予想以上に明るく見えたり広く感じたりする場合もあります。理想的な物件を手掛けているハウスメーカーを選んで建ててもらうことが重要です。東京都内のハウスメーカーであっても、狭小住宅を手掛けているところばかりではありませんので、自分の持っているコンセプトをしっかりと伝えたうえで、請負業者を選ばなければなりません。木で作る住宅や耐震性の高い住宅などのコンセプトがあっていても、肝心の土地が狭ければ狭小住宅を手掛けたことがあるところでなければ依頼することはできません。また、東京都内にはたくさんの狭小住宅が建てられていますので、請負業者の物件でなくても、積極的に見て回ることが大切です。どのような住宅を建てることができるのかは、実物を見ないと判断できません。外観からだけでもビルトインガレージの状況やルーフガーデンの状況、さらには敷地の活用方法など参考になる部分はたくさんあります。できるだけ多くの物件を見て回ることで、自分の住宅を建てる際の参考にすることができます。

男女

都心で戸建てに住む方法

東京に一戸建てを建てる場合に狭小住宅というのが一つの選択肢となります。土地の価格を抑えることで現実的な値段で家を手に入れることができるのが大きなメリットです。建蔽率や容積率の大きな土地を選べば狭くても十分な延べ床面積の家が建つことから狭小住宅は都心に住みたい方にお勧めです。

住宅

夫婦で暮らせる住まい

共働きの夫婦が通勤に便利な東京中心部で住まいを新築する場合には、コンパクトな敷地にも対応可能な狭小住宅が最適です。セミオーダーのプランは建築費用も割安であり、耐火性の高さや太陽エネルギーの活用にもこだわるのが理想的です。